前へ
次へ

不動産登記の中でも抵当権はなじみがある

不動産は、動産と違って所有者が持ち歩くことが出来るものではないので、不動産登記によって、不動産の所有権者を明確にしておくことが非常に重要となります。
また、所有権以外の権利などが土地建物に付いている場合なども、不動産登記によって明確にしておくと、トラブルを未然に防ぐことが出来るでしょう。
不動産の登記をすることが出来る権利の種類は、さまざまであり、主なものとしては所有権や地上権、地役権などがあり、担保物件として抵当権等などがあります。
利用されることが多いものが抵当権の登記であり、銀行などから住宅購入資金の借入をした一般の人なども、借入金の担保として抵当権設定をすることが多いです。
不動産登記の申請は自分自身で行うことが出来ますが、添付資料を揃えたり、間違えのないように申請書類を作成したりすることが必要となるので、基本的には司法書士などの専門家に依頼することが多いです。
専門家である司法書士に業務を頼んだ方がスムーズに登記申請手続きが進むことでしょう。

Page Top