前へ
次へ

費用がかかる不動産登記申請

不動産を購入したい際には、不動産登記申請を行うことが重要となります。
所有権の移転登記申請は義務ではありませんが、自己の権利を保全するためにもしっかりと登記申請を行っておくことが必要です。
万が一第三者が物件の権利を主張してきた場合、不動産登記を行っていないと、対抗要件がなく、所有権を取られてしまうリスクが生じてしまいます。
これから所有権登記申請を行う場合、基本的には多くの人が司法書士事務所に業務を依頼することになりますが、司法書士に対して支払うことになる報酬の金額はかなり高額なものとなるので、可能であれば自分で登記をしてみるのも良いでしょう。
銀行から住宅ローンの借入を行った場合には、抵当権の登記をすることが求められます。
抵当権登記については、複雑な規定も多いので、司法書士事務所に業務を依頼したほうが問題は少なくなります。
抵当権設定登記申請手数料については、依頼先の事務所にほって報酬が異なってくるので、事前に良く調べておくと良いでしょう。

Page Top