前へ
次へ

不動産登記は法務局で行うことになります

不動産の登記というのは全てを法務局が管理しています。
陶器もそうですし実際に登記簿自体も法務局が管理をするものになっているわけです。
土地や建物の権利関係が書かれている帳簿もそうですし、その場所に関する地図を備え付けています。
こうして、これは誰でも閲覧することができるようにもしています。
不動産登記がされていると情報が流れてしまうのかということになってしまうわけですが、言い方は悪いですが情報はそこで誰でも好きなように見られるようになっています。
まず、その土地に関して何かしらアプローチをしたいと考える個人とかあるいは不動産屋というのがいるわけですからそういう時に情報が全く出ないようになってしまっているということになりますと不動産流通において極めて社会的に不利益になってしまうからです。
ですから、しっかりと不動産登記は国によって管理をされているということになります。
これは隠すことができないことになります。

Page Top