前へ
次へ

取引における不動産登記申請の重要性

一般の人からすると、あまりなじみがありませんが、不動産取引においては、不動産登記を行うことは、自己の

more

不動産登記の中でも抵当権はなじみがある

不動産は、動産と違って所有者が持ち歩くことが出来るものではないので、不動産登記によって、不動産の所有

more

不動産登記申請手続きは専門家に頼むとスムーズ

相続によって、不動産の所有権を取得した場合、なるべく早い段階で所有権登記申請をしておくことが必要とな

more

保有者を明確にする為の不動産登記の手続き

不動産登記の目的は、物件の保有者や構造などを明らかにする事です。
特に、前者の保有者はとても大切です。
明確にしておかない事には、後で困ってしまう可能性もあります。
誰かに迷惑をかけるのを避けるためにも、登記の手続きは確実に済ませておく必要があります。
多くの方々は、不動産物件を買っています。
お金を貯めて、住み心地が良さそうなマイホームを買っている方も多いですが、中古物件などは保有者を明らかにしなければなりません。
誰の物件なのかを確認しないと、手続きをスムーズに進めるのは難しくなってしまいます。
ですから不動産物件の保有者が不明確なのは、大変困ります。
買い手としては困ってしまう以上、やはり物件の保有者は明確にしておくのが望ましいでしょう。

トイレリフォームが大人気の旭区のウォーターソニック
ピカピカのトイレをお届けします

ホームページで湯沸かし器の施工事例を公開!

山梨の土地の魅力をお届け
自然豊かな山梨に住んでみてはいかがでしょうか?

耐震リフォームで安全な暮らしをお届けする山梨の西甲府住宅
一級建築士があなたの家を地震からお守りします

山梨で丈夫な新築住宅を建てる
一級建築士在籍の西甲府住宅株式会社にご依頼ください

そうかと思えば、相続手続きもあります。
そもそも不動産物件は、遺族に譲渡するケースも多々あります。
ただ相続手続きを進めるにしても、やはり保有者が分かっていないと困ります。
物件の持ち主が不明な状態では、そもそも相続できないでしょう。
ですから登記の手続きは、確実に済ませておく必要があります。
そもそも登記の手続きを済ませないと、誰かに迷惑をかけてしまうでしょう。
相続手続きの場合、遺族に迷惑をかけてしまいかねません。
中古物件にしても、買い手に迷惑をかけてしまう事がありますから、やはり登記の手続きは必要です。
ある意味、持ち物に名前を記入するような手続きになります。
会社勤めをしていると、自分の持ち物に名前を書く事もあるでしょう。
名前が書かれていないと、万が一持ち物を紛失してしまった時に大変困ります。
不動産登記は、その名前書きのような作業を行う訳です。
ただ持ち物に名前を記入するのと違って、作業内容は少々複雑です。
物件の構造などを明確にするのは、若干手間がかかります。
幸いにも、その手続きは士業の方々に依頼する事も可能です。
ですから多くの方は費用を支払って、専門家に手続きを依頼しています。

Page Top