前へ
次へ

不動産登記は自分でやれるようになっている

不動産登記なのですが、登記は自分ですることが基本になります。
それが原則であるといってもよいでしょう。
例えばそれは司法書士とかにも任せることもできますが、法務局においては自分でやることは本人申請と呼ぶわけですが、これが普通なのです。
不動産の登記のルールというのは法律で決まっていることになります。
その法律とは不動産登記法です。
これによって誰が登記をするべきであるのか、ということが決められています。
誰がやるのかというのは基本的に本人です。
しかし、代行させることもできるということになっていますから、それは心配することではないです。
つまりは、自分がよくわからないとしても登記は特定の資格を持つ人に依頼することが可能、ということになっているわけです。
ちなみに行政書士では駄目です。
弁護士であれば問題はないです。
司法書士もそうですし、この場合はむしろ登記というのは代行してやる人として筆頭にあがるのが司法書士であるといえるでしょう。

Page Top