前へ
次へ

取引における不動産登記申請の重要性

一般の人からすると、あまりなじみがありませんが、不動産取引においては、不動産登記を行うことは、自己の権利を守るためにとても重要なものとなります。
所有権が移転した場合、第三者に所有権をアピールするためにも早急に所有権移転登記申請を行うことが重要となります。
万が一、不動産の二重売買がされてしまった場合、第三者に対して所有権を対抗するためには登記をすることが必要となるでしょう。
取引に慣れていない一般の人からするとあまり急いで登記をする重要性を考えることは少ないかもしれませんが、かなり高額な取引となるため、リスクを回避するためにも早期に登記申請を実施することが必要です。
不動産登記申請をする場合、登記申請手数料が必要となるので、取引を行う際にはどの程度の諸経費が掛かるかを把握しておくことが重要となります。
所有権の移転登記申請の他、住宅ローンの借入をしている場合には、抵当権の設定契約を行うことも必要となるので、その分の費用も考えておくことが大切です。

Page Top