前へ
次へ

不動産登記は権利の主張になります

不動産の所有権というのは登記がされているから主張できるものであり、これこそが登記という制度になります。
どこでやっているのかといいますと法務局です。
法務局で管理されています。
どんなときに不動産売買をするのかということですが売買契約をしたりとか増築をしたり、或は相続、贈与ということもあるでしょう。
権利者が法務局に対して申請をするということになり、それによって新しく登記簿が作られたり、ということもあります。
不動産登記の申請は原則的に自分でやるということになるわけですが、司法書士などにお願いするというのが一般的でもありますし多くの人がそういうやり方をしていることでしょう。
決して極端に難しいことではないのですが、不動産登記をするのが面倒というのであればそれは任せてしまうということにしたほうがよいでしょう。
確実に成功するということになりますから、これは間違いなくメリットがあることになります。
それは間違いないでしょう。

Page Top